医師の腕による

医者

ボトックス注射をして副作用が出る

メスを使用しての整形手術は、お金と時間がかかります。手術が終わっても顔が腫れたり、痛みを感じたりするので、ダウンタイムも長いです。しかし、ボトックス注射であればその心配はありません。注射を打つだけなので、大きな痛みもなく、施術をした日に入浴やメイクも可能です。安心して治療ができるボトックス注射ですが、副作用が出る事は本当にないのでしょうか?ボトックス注射をしても副作用が出る事はほとんどありませんが、ボトックスの相性が悪いと稀に副作用が出る事もあります。また、医師の腕によっては施術に失敗して、要望通りの仕上がりにならない場合もありますので、ボトックス注射をするリスクを知った上で、治療を受けた方が良いでしょう。ボトックス注射をして副作用が出るのはどんな病状が多いのでしょうか。ボトックスは筋肉を麻痺させる事で、筋肉の働きを緩和させます。このボトックスを多く顔に注入してしまうと筋肉を動かしづらくなり、局所顔面神経麻痺という病状が起こります。筋肉が麻痺してしまうと表情筋を自由に動かす事ができなくなるので、笑っても顔が歪んで見えたり、表情が不自然に見えたりします。口元にボトックス注射をすれば、口を大きく開ける事ができなくなります。筋肉の麻痺状態が続いてしまうと筋肉を動かす事も少なくなるので、筋力が低下してしまいます。筋肉は動かす事で鍛えられるので、筋力が低下してしまうと皮膚を支える事ができなくなり、顔の筋肉がたるんでしまいます。顔の筋肉を常に動かしていないとシワが増える原因にもなりますので、ボトックス注射のやりすぎはよくありません。ボトックス注射をして要望通りの仕上がりならなくても、ボトックスの効果は半永久的ではないので、効果が薄れていけば少しずつ元の顔に戻ります。しかし、ボトックスを大量に注入して皮膚がたるんでしまうと、時間が経っても元の顔に戻れない事もあります。元の顔に戻れなかったら、大掛かりな手術をしないといけません。これはボトックスを大量に注入し過ぎた場合に起こる副作用なので、適量を守っていれば大丈夫です。ただし、実績の少ない医師が間違った方法で治療をしたり、外国産のボトックスを使用していたりすると取り返しのつかない事が起こります。下調べをしないで、安易に治療を受けるのは危険なので、治療を受ける際は病院を慎重に選んでいきましょう。アレルギーが起こる心配はありませんが、アレルギーを持っている方は自分の体にボトックスを注入しても問題ないか、医師に一度診てもらうと安心です。