汗の臭いを抑える

女性

ボトックス注射は多汗症の人にもおすすめ

ボトックスは、ワキガや多汗症にも効果があります。脇の臭いが強くなるのは、脇の皮下脂肪組織にあるアポクリン腺の過剰な働きが原因です。ボトックス注射には、筋肉の働きを弱めるだけではなく、アポクリン腺の働きを弱める事もできます。汗をかくと気になるのが脇の臭いですよね。特に夏だと汗をいっぱいかくので、制汗スプレーや汗拭きシートが欠かせません。しかし、制汗剤を使用してもまた脇が臭くなる事はありませんか?アポクリン汗腺から出た汗や脇の下の脂分、脇に繁殖している菌が混ざってしまうと、臭いが強くなります。不快な臭いを放つわきがもボトックス注射をすれば、治す事ができます。ワキガの原因であるアポクリン腺の働きを抑える事ができれば、不快な汗の臭いがなくなりますよ。アポクリン腺だけではなく、汗が出る原因であるエクリン汗腺の働きも弱くなるので、汗が出る量も減らす事ができます。多汗症になるのは、病気以外にも不規則な食生活や緊張などの精神的な問題から発症する事が多いです。ホルモンバランスの乱れが原因で多汗症になる事もあります。脇の下を手術する必要はありません。ボトックス注射なら脇の下に注射をするだけで、簡単にワキガと多汗症の悩みを解決してくれますよ。脇の下に注射をするだけなので、治療も早く終わります。ボトックスの効果が出るのは、治療をしてから3日程で効果が現れると言われています。効果が現れ始めたら、汗が出にくくなり、不快な汗の臭いもなくなってきます。注射をした後は、跡が少し残りますが時間が経てばすぐに消えるので心配はありません。しかし、ボトックスの効果が切れたらまた汗が臭くなったり、汗が出る量も増えてしまったりするので、定期的に注射を打たなければいけません。定期的にボトックス注射をしないと効果は持続できませんが、繰り返し治療を受ける事で持続効果が長くなるので、汗が出る量や臭いを抑える事ができますよ。ワキガや多汗症を改善するために皮膚を切って治療する場合がありますが、ボトックス注射なら肌を傷つける事はないので、安心して治療を受けれます。